LCC(格安航空会社)を利用して空の旅をお得に!

格安航空会社、いわゆるLCCの先駆けといわれている「スカイマーク(Skmark)」
最近利用者が増えてきている格安航空会社、ピーチやジェットスター、バニラエアなどと比べても、その安さは破格だといえます。

そんなスカイマークは2015年初頭、民事再生法の申請を発表し大きな話題となっていました。
しかし、現在でも破格な航空券の提供は継続しており、人気は衰えるどころか、高まっています。

今回は、そんなスカイマークで提供されている、とりわけ安い航空券、割引航空券について詳しく紹介していきたいとおもいます。

お得な航空券「スカイバーゲン」はもう一昔前の名称?

飛び立つスカイマーク機
スカイマークをよく利用される方はご存知だとおもいますが、これまでのスカイマークといえば、「WEBバーゲン」や「SKYバーゲン」などの割引航空券がおなじみでしたよね。

しかし現在は、この他、「WEB割21」などの早割航空券と共に、割引航空券のシステムや名称が大きく変わっています。

今スカイマークで提供されている早割航空券は「いま得」、「フリーフレックス」、「前割」の3種類が主流となっているのです。

この3つの割引航空券はいったいどのようなものなのか見ていきましょう。

スカイマークで一番お得な航空券、「いま得」

スカイマーク男性の制服

今スカイマークで一番お得な割引航空券は、間違いなく「いま得」です。

従来のスカイマークの早割航空券の「WEB割」や「スカイバーゲン」は、60日前、45日前など、購入期限が決まっていましたが、この「いま得」は、空席連動で運賃が変動するシステムになっています。

その日の空席数の移り変わりに合わせて料金が変動するので、今までのように早期に予約する必要がなく、3日前まで予約可能です。

なお、予約便限定で変更不可となっているので、くれぐれもそこは注意してくださいね。

予約変更可能な割引航空券「フリーフレックス」

スカイマーク女性の制服
料金が空席状況によって変動するというところは、一番お得な航空券「いま得」と変わらないのですが、「いま得」の予約変更を可能にしたのがこの「フリーフレックス」なのです。

割引率は60%前後で、「いま得」よりも3000円ほど高い程度であり、スカイマークの割引航空券の中でも「いま得」の次に安く、スカイマークで2番目にお得な航空券と言えるでしょう。

また、「いま得」の予約期限が3日前だったのに対し、「フリーフレックス」は搭乗日前日まで購入可能です。

ここまで搭乗直前に予約や変更ができる割引航空券を提供している航空会社は、スカイマークでけではなでしょうか。
スカイマークのご搭乗手続き方法はコチラをご参考ください。
https://www.airtrip.jp/sky/

オーソドックスな早割制度、「前割」

3つ目の割引航空券は「前割」シリーズです。

「前割」は、上記に紹介した、「いま得」、「フリーフレックス」よりもオーソドックスな早割制度で、購入期限が早ければ早いほど割引率が上がるというシステムです。
今までの、「WEB割21」や、「フリー14」などといった早割制度とシステムは一緒といえますね。

値段は、シリーズの内で「前割14」が一番安く、最安値で「フリーフレックス」の通常料金と変わらないぐらいになっています。

スカイマークの割引航空券を利用してお得な空の旅を

このように、現在、スカイマークが提供している割引航空券は日々進化しています。

また、今回紹介した「フリーフレックス」や「前割シリーズ」は、割引運賃ではあるが、予約変更を可能にしているため、ビジネスユースなどにはとても便利です。

皆さんも、是非スカイマークの割引航空券を使って、お得な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。