初めて利用される方必見!スカイマークの機内サービスの特徴、注意点

格安航空会社、いわゆるLCCで有名の、ピーチ、ジェットスター、バニラエアなどと比べてもとりわけ安く航空券を提供し、帰省や国内ツアー旅行などで重宝されている、「スカイマーク」。

今回は、そんなスカイマークの飛行機を利用する前に知っておきたい、機内サービスの特徴や注意点、王手航空会社との違いについて、詳しく紹介したいとおもいます。

スカイマークは飲み物が有料です。

スカイマークは、毛布(ブランケット)の貸し出しや、飴、おしぼりを無償で提供していますが、飲み物や機内食はすべて有料になっています。

スカイマークだけでなく、一般的なLCCは、ANAやJALとは違い、機内での飲み物や食べ物を無償で提供するサービスがありません。

国内線ではペットボトルの持ち込みが可能なので、安く済ませるために搭乗前にどこかでペットボトル飲料を購入しておきましょう。

スカイマークの飛行機内はWi-Fiサービスがない

スカイマークにはWi-Fiサービスがついていません。
いつも飛行機を使う際に、JALなどのWi-Fiサービスが提供せれている航空会社を利用されている方は、特に注意しておいてください。

でも、基本的に飛行機内では、パソコンやケータイの電波を切らないといけないのであまり、問題はないとおもわれます。

赤ちゃんを連れている方は、客室乗務員に声をかけましょう

赤ちゃんを連れて搭乗される方は、搭乗口までベビーカーを利用することができます。
また、搭乗時、優先登場サービスを利用することでき、客室乗務員に言うことで、絵本を貸してくれたりもします。

赤ちゃんを連れている方は、是非客室乗務員に声をかけてみましょう。

初めてスカイマークを利用する人は、スカイマークのシステムをしっかり理解しておきましょう
このように、スカイマークは他の王手航空会社とは異なる部分がいくつかあります。

初めてスカイマークの飛行機を利用される方は、上記のことを注意し、安心して空の旅を楽しんでくださいね。

関連する記事

アーカイブ

カテゴリー