機内サービスがほとんどない!?スカイマークの実態とは

投稿者:

ドリンクサービス羽田空港や神戸を中心に、札幌や福岡、那覇など日本全国に就航しており、格安航空会社いわゆるLCCと、一般的な大手航空会社、ANAやJALなどの境界線に位置している「スカイマーク」。

2015年1月28日に民事再生法を申請し、路線を縮小したことで話題になっていましたが、運航は以前と同じように続いています。

今回はそんなLCCと一般的な航空会社の間に位置する、航空会社「スカイマーク」について詳しく紹介したいとおもいます。

具体的な運賃や割安航空券は?

スカイマークの普通運賃は、一般的な大手(ANA、JAL)よりも30%安いぐらいです。

また、空席状況によって割安で航空券を買うことのできる「いま得」や、他航空会社でもよく提供している早割サービスの「前割シリーズ」などの割安航空券を提供しているサービスもあります。

このサービスを利用すると、他LCCと同じくらいの料金で利用できることが多いので、スカイマークを利用される前に是非チェックしておいてくださいね。

機内サービスがほとんどない!?

スカイマークでは、他の航空会社と違って無料で飲み物や機内食を提供していません。
ソフトドリンクは100円、ワイン300円、ビール200円と、統一されています。

機内サービスとして、無料で提供されているのは毛布(ブランケット)だけとなっているので、注意してくださいね。

ボーディングブリッジが使えない

スカイマークの飛行機はボーディングブリッジが使えないため、バスで飛行機の搭乗口まで行ってから搭乗するというシステムになっています。

しかし、全ての便でボーディングブリッジがないというわけではなく、地方の空港などではブリッジに着く便が多いです。

格安航空券を販売するための独自のサービスを提供するスカイマーク

このように、スカイマークでは他航空会社と比べ劣っている部分があります。
しかし、それによって他よりも格安な航空券を提供することができているのです。

皆さんも一度、そんなスカイマークを利用してみてはいかがでしょうか。

関連する記事