普段車いすで生活している人にも安心なスカマークのサービスとは.

羽田空港を中心に、宮崎、那覇、神戸や、札幌など、日本全国に就航していて、格安航空会社、いわゆるLCCの先駆けといわれている「スカイマーク」。

2015年初頭に民事再生法の申請を発表し、大きなニュースになっていたスカイマークですが、今でも格安航空券や「WEB割21」、「フリー14」などの早割制度も実施していて、人気度は継続しています。

今回はそんなスカイマークの、日常生活から車いすを利用されていてお手伝いが必要な方に提供しているサービスについて、いくつか紹介していきたいとおもいます。

空港で車いすを利用したい場合は、予約センターへ連絡

空港で車いすを使用したい場合は、予約センターへ連絡することによって貸してもらうことができます。その際、スカイマーク側がお手伝いできることがあるか確認してくれるので、困ったことがあれば聞いておきましょう。

貸し出し用の車いすは数に限りがあります。車いすを借りることができなかったということがないように、事前に予約しておくことをおすすめします。(ホームページからは予約を行っていないそうなので、予約センターへ直接連絡するようにしましょう。)

機内には機内専用の車いすがある

機内では専用の車いすがあり、化粧室へ移動する際などは、客室乗務員に声をかけると用意してくれます。

なお、持参していた車いすは、出発時に受託手荷物として預かってくれます(事前に連絡しておきましょう)。
車いすを預けた後は、搭乗口まで車いす貸し出しのサービスがあるのでそれを利用してくださいね。

車いすを利用されている人にも安心な、スカイマークのサービス

このように、車いすを利用されている方も、スカイマークのサービスを利用すれば安心して空の旅を楽しめます。

普段車いすで生活されている方も、是非一度スカイマークを利用してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

アーカイブ

カテゴリー