スカイマークの王手航空会社との違い

格安航空会社、いわゆるLCCの先駆け的存在であるスカイマーク(Skymark)。
羽田空港を中心に、福岡、鹿児島、神戸や那覇など、日本全国に就航していて、国内格安ツアーなどが有名です。
今回は、そんな格安航空会社スカイマークの特徴、また、王手航空会社のJALやANAとの違いを簡単に紹介していきたいとおもいます。

他王手航空会社より約40%も安い普通運賃

LCCとは何の略語か知っていますか?
LCCは「ローコストキャリア」の頭文字をとった略語で、その名の通り、他の航空会社よりも安い運賃で飛行機を利用することができます。

王手航空会社JALやANAは、LCCの括りに入らず、一般航空会社ともいえるでしょう。

LCCの代表格には、ピーチやジェットスター、バニラエアなどがありますが、その中でもスカイマークはとりわけ安く、一般航空会社より40%も安い値段で航空券が買えるといわれています。

スカイマークの激安チケット「SKYバーゲン」、「フリー14」等を買ってみよう

スカイマークでは、一般航空会社より40%安い普通運賃よりもさらに安く航空券を買うことができる、「SKYバーゲン」や、「フリー14」などの、激安チケットがあります。

これらは早割といって、搭乗日45日前など、出発当日まである程度の日数があるチケットを予約することによって安くなっているというチケットなのです。

しかし、出発当日まである程度日数が開いているといっても、この激安チケットを狙って全国からスカイマーク公式サイトにアクセスが殺到し、なかなか予約を取ることができないと言われているので、買えたらラッキー程度の感覚で、予約を試みてみることをおすすめします。

超お得な空の旅を提供するスカイマーク

このように、スカイマークは他の航空会社よりも破格な航空券だけでなく、様々なお得な早割キャンペーンなども行っているのです。

皆さんも是非、スカイマークを利用してみはいかがでしょうか。

関連する記事

アーカイブ

カテゴリー